社会人になっても出会いの場は増やせる|社内恋愛の脈ありサイン紹介

過剰なアピールは必要ない

LOVE

少しづつ距離を縮める意識

社内恋愛を意識すると、相手の善意を好意、脈ありと勘違いして先走る人がいます。ですが、相手の反応をみて、少しづつ仲良くなるのが社内恋愛のコツです。焦って脈ありアピールをしても、良い結果になりません。社内恋愛は通常の恋愛にくらべ、良くも悪くも相手を深く知る機会が多くなります。良い感情も悪い感情もためやすいので、あまり互いを知らずに社内恋愛へ踏み切っても、悪い感情をため込んで破局しやすいのです。相手の望む距離感を保ちつつ、少しづつ距離を縮めていければ、自然と気持ちが恋愛へ傾きます。脈ありの相手と接する際には、イーブンな関係を心がけましょう。まず、自分のこと知ってもらうならば、同じぐらい相手のことを知ろうとすること。一方的に自分のことを知ってもらおうとすると、自慢話になりがち。聞いているほうはつまらなくなります。誘いをかけるバランスも大事です。一度でも誘いに応じてもらえると、脈ありだと安心して、連続した誘いをかけたくなります。しかし、相手はお試しで受けただけかもしれません。過剰な誘いはうっとおしく感じますから、相手から誘われたら自分も誘い返す、くらいのスタンスを貫きましょう。社内恋愛ですから、仕事へ影響させない意識も忘れないように。仕事に恋愛を持ち込む、などと周りからバカにされては、社内恋愛が苦痛に感じてしまいます。仕事に影響が出るような恋愛は論外です。脈ありだからと押すのではなく、少しずつ距離を詰めていくのが社内恋愛のルールです。